【自己紹介】

ホブソンガルシア 洋子 (Yoko Hobson-Garcia)

広島県出身、東京都杉並区在住

カナダ人の主人と国際結婚で、7歳男児の母です

【経歴】

航空業界に13年、商社や外資系メーカーでの秘書勤務9年

長男が3歳の時に「Casa Yoppi Photography」を開業し、会社員からフリーフォトグラファーに転身

【Casa Yoppi Photography(カーサ  ヨッピー  フォトグラフィー)について】

2017年6月1日 ベビー、キッズ、ファミリーフォトのロケーション撮影を開始

        東京都杉並区を拠点として、東京、千葉、神奈川、埼玉など

        (6月1日は偶然にも「写真の日」でした)

2017年9月   ニューボーンフォト出張撮影を開始

 

屋号のCasa(カーサ)とはスペイン語で「家」を意味します。
ご家族の一員のようにアットホームな雰囲気で撮影できるよう、又、一生ご家族に寄り添えるフォトグラファーになれるようイメージしネーミングしました。

 

Yoppi(ヨッピー)とは私が子供の頃から家族に呼ばれているニックネームです。こちらも皆さんに親しみを持っていただきたく、ちょっぴり恥ずかしいですが入れてみました。

【開業のきっかけ】

息子が一歳の頃に初めてロケーションフォトを経験し、プロカメラマンに撮っていただきました。
スタジオにはない自然なロケーション撮影の楽しみと、出来上がったお写真を見て感動したのを今でも覚えています。
その後、ロケーションフォトの虜になり、一眼レフカメラを購入し翌日には学ぶ機会がありました。
その感動と喜びを皆さんにもお届けしたい気持ちがどんどん膨らみ、すぐプロフォトグラファー養成講座を申し込みました。

息子を妊娠中に悪阻が酷く自分の体も思うようにコントロールできず、又、第二子は残念ながら流産と辛い経験をしましたが、生命の誕生は命がけで奇跡と言う事を目の当たりにし、ニューボーンフォトへの想いが強くなりました。

今でも息子の生まれた瞬間を昨日のように覚えています。
子育ては楽しい事だけではなく、辛い事も多々あると思います。ただ、誕生の喜びを思い出せばどんなことでも頑張れるはずです。頑張るママへのご褒美と、こんなに愛されて生まれて来たんだよとお子さんに伝える為にも是非残していただきたい特別なお写真です。

お子様のご誕生は奇跡です。もちろんあなたがこの世に存在している事も。
特にお子様の成長はあっと言う間ですね。そして、一緒に楽しく暮らす時間も限られています。

ニューボーンフォトに限らず、お誕生日、お宮参りや七五三など特別な行事ではもちろん、

日常の何気ない時こそ素敵な思い出が沢山作れると思います。

お写真を沢山撮って飾って、時にはアルバムをお子さんと一緒に見たり、

写真を通してご家族の絆を深めていただくお手伝いが少しでも出来れば幸いです。

 

そして、働く女性、子育てに奮闘しているママを元気にしたい!

全国や世界にいる女性やママを応援したいと思っております。

 

「ママの笑顔は家族を幸せに♡」

そして

「写真は笑顔のチカラ♡」

どうぞ、よろしくお願いいたします。

【ニューボーンフォト研修受講歴】
ニューボーンフォトは専門知識が必要です。安心・安全第一の撮影の為、定期的にワークショップやセミナーに参加し知識と技術の向上に努めております。

2017年  Happy Smile Photography Group Workshop (Hide氏)
2018年  UMARE Group Workshop (助産師フォトグラファー2名)

2019年  Kelly Brown Online Workshop
2019年  MIMOSA HOUSE Group Workshop (Ms. Lizzy Mcmillan of Moment Studio from U.S.A.)

2019年  Jessica G. Photogtaphy Online Workshop
2020年  Newborn Photo College Online Lesson by Coco b. Sweet Photography & Fu Fu Baby Photo

その他、1年に数回ニューボーンフォト関連のセミナーに参加
(フジフィルム主催、フォトピア 飯田聡子氏、Coco b. Sweet Photography、Happy Smile Photographyなど)

© 2018 Casa Yoppi Photography​ 東京都杉並区